読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

車のはてなブログ!

車に関する?を解決!日々感じる疑問や誰も教えてくれない豆知識を気まぐれで書いてます!!

ランボルギーニアヴェンタドールのエンジン音が紅葉路に響き渡る動画

福島県をPRするイベントが昨日ありました。

紅葉に染まる磐梯吾妻スカイラインを疾走する

ランボルギーニアヴェンタドール」。

 

福島県と地元企業が協力して、今までなかった方法、アプローチで県をアピールする企画。

youtubeで動画が公開され、早くもSNSで拡散、話題になったようです。

私もSNSで知り、動画も見ちゃいました!

動画はこれです↓

 

www.youtube.com

 

スーパーカーを使った地域PRって新しいですね!

 

以下、福島民報のサイトから引用します

スカイラインを疾走するランボルギーニ、本県の地酒とDJを組み合わせたクラブイベント...。従来の型にはまった発想から脱却し、新たなアプローチで本県の今をアピールする動きが活発化してきた。インターネットでの口コミ拡散を狙った動画や都内でのイベント、少数派の新しい文化を取り上げたサブカルチャーイベントなど、震災前にはあまり見られなかった動きだ。新しい感性による情報発信に、県内外の熱い視線が注がれる。

          ◆

 紅葉真っ盛りの磐梯吾妻スカイラインを疾走するイタリアのスーパーカーランボルギーニアヴェンタドール」。紅葉とスーパーカーインパクトに視聴者も食い付き、動画はフェイスブックなどで拡散、再生回数は17日の公開以降、6万回を超えた。

 動画は「ほんとうの空へ続く道」と題し、県と制作会社、ソーシャルメディア研究所代表の熊坂仁美さん(福島市)のチームが制作。福島市の中古車販売店「夢形(ムケイ)」の協力を得て実現した。「動画は最初の数秒が勝負。耳目を引くには、おおっと思わせる車にしたかった」(県広報課)という狙いがピタリとはまった。約30秒の動画はドローンで上空から撮影。早回ししてスピード感を演出し、車種を白にして紅葉を際立たせた。インパクトの大きさを自覚してか「クルマのCMではありません」というオチも効いている。

 一方、下郷町の大内宿で女子中学生が踊る「ふくしまの四季を踊ってみた」シリーズの最新作も6日の配信以降、再生回数が7万回に迫る人気を見せる。オーディションを勝ち抜いた「ダンスファクトリーKマニフィック」(福島市)の久保田夏鈴(かりん)さん(14)と渡辺瑞葉さん(14)が出演。県は「本県に興味を持っていただき、来訪者が増えてくれれば」(広報課)と期待を込める。二つの動画はユーチューブ「福島県公式チャンネル」などで見ることができる。