読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

車のはてなブログ!

車に関する?を解決!日々感じる疑問や誰も教えてくれない豆知識を気まぐれで書いてます!!

★新型プリウス グレードの違い一目瞭然

気になる車 車買取

車を買う時、グレードで悩む方も多いですよね。

新型プリウスのグレードの違いを分かりやすくまとめました。(2WD限定)

 

f:id:ztoku3:20160909175054j:plain

まず、迷うのがグレードAかSか。

 

その違いはバッテリーと安全装備の違いです

 

<バッテリー>

4代目からリチウムイオンとニッケル水素の2種類のバッテリーがラインナップされました。

 

Aと燃費に特化したEリチウムイオン電池

Sニッケル水素電池です。

 

簡単に言うと

リチウム電池は小型・軽量(ニッケルに比べ15kg)・寿命が長い! その分、高価!

ニッケル電池は価格が安い(リチウムより3万程度)が大型・重量。

 

私も先代のプリウス(ニッケル電池)に乗ってましたが、通常使用・10万キロくらいでは

全く問題はなく、ニッケルでも全然OKじゃないかと個人的に思います。

リチウムは軽量なので、その分燃費も良くなると思うのですが、公表燃費はAもSも同じ37.2km/Lなのが、ちょっと不思議。

 

<安全装備>

AにはトヨタセーフティーセンスPやブラインドスポットモニター、インテリジェントクリアランスソナー、インテリジェントパーキングアシストが付いてますが、Sには付いてなく、メーカーオプションになってます。

 

・セーフティーセンスP・・・ミリ波レーダーと単眼カメラを併用した高精度な検知センサーで歩行者の認識も可能になり、事故の回避や衝突被害の軽減

ブラインドスポットモニター・・・運転者による車線変更時の判断を支援するシステム。レーダーセンサーにより、隣の車線のドアミラーに映らない死角領域を併走する車両を検知し、ドアミラーのインジケーターによって車両の存在を警告

・インテリジェントクリアランスソナー・・・アクセルの踏み間違いや踏みすぎなどで起こる衝突を緩和し、被害の軽減に寄与するシステム

・インテリジェントパーキングアシスト・・・ハンドルを自動で操作することにより、目標駐車位置付近への後退駐車や縦列駐車からの出庫を補助

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

グレードをAに絞った方:

Aプレミアかツーリングセレクションか普通のAかで迷いますね。

 

AとAプレミアの違いは、

シートとハンドルが本革か本革じゃないかだけ

それなのに、車体価格が30万も違います

 

ツーリングセレクションは、タイヤ&ホイールが17インチになり、リアバンパーの形状が違います。

その他、普通のAと同様、シートとハンドルが合成皮革になります。

 

個人的には、プリウスは本革じゃなくても全然いいと思うのでツーリングか普通のAをオススメします!

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

次にSを選んだ方:ツーリングセレクションか普通のSか

 

Aと同じで、ツーリングと普通のSの違いは、

タイヤ&ホイールが17インチになり、リアバンパーの形状が違う点です。

車体価格の差は15万弱。

ん~微妙~~

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

残るグレードEは?

 

Eは「燃費スペシャル」と呼ばれ、トヨタがJC08燃費モード40km/Lを達成するために作ったグレードです。

単純に燃費重視のため、他グレードとの違いが、装備の簡素化や容量減少です。

 

・バッテリーが軽量のリチウム電池

・ハンドルがウレタン

・燃料タンクが3.8Lに減少(他は4.3L)

・スタビライザーをリアは省略

・フロアアンダーカバーはリアのみ

・エンジンアンダーカバーのサイレンサー省略

・リアのスピーカーを省略

・あと、ボディーカラーが4色のみ

 

上記が主な違いですが、車体価格も最も安いですし、通常使用ではまったく不便を感じるものではないので、このグレードもありかも?

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

個人的な結論!

 

購入後、カスタムする人は、普通のS

カスタムしない人はSツーリング

 

安全性や車内の質感を求める人は、A

 

とにかくエコでガソリン消費量を減らしたい人は、E

 

最後に

今の愛車を売るなら、このサービスがオススメ↓

あんしん・安全・めっちゃ高く売れる新しいサービス

サービス開始から1年、ひそかに人気のサービス!!

kuruma-car.hatenablog.com